ソフトウェアのトラブルに備える

プログラムは起動ドライブにインストールする

【日本おめでとう!】インフォトップ6日連続1位更新中!397時間動画パソコン教室DVD4枚組iPod受講可ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007

プログラムはパソコンの起動ドライブにインストールすることをオススメします。プログラムは起動ドライブ以外にもインストールすることが出来ますが、このことが思わぬトラブルの原因になることがあります。


プログラムの各種設定情報をレジストリーに保存している場合が多い、というのがその理由です。


プログラムを起動ドライブ以外にインストールした場合、Windowsを再インストールしたら、プログラムの各種設定情報を保存したレジストリーは失われてしまいます。


レジストリーは失われていますが、プログラムの本体は起動ドライブ以外のドライブに残っている場合があります。この設定情報が失われたプログラムを起動することによって思わぬトラブルを招きます。


OS(Windows)を再インストールしたらプログラムも再インストールする、このことを忘れてはいけません。

マウスコンピューター/モニタセットモデル

2007年01月27日 23:42