ソフトウェアのトラブルに備える

バックアップ先は別のディスクに

【日本おめでとう!】インフォトップ6日連続1位更新中!397時間動画パソコン教室DVD4枚組iPod受講可ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007

トラブルが発生した時のダメージを最小限に抑えるためには、バックアップが欠かせません。バックアップの際の手間と時間を少なくするためにハードディスクにバックアップを取っている人も多いと思います。しかし、バックアップは別のハードディスクに取らないと、トラブルの際に役に立たないこともあるのです。


ハードディスクのクラッシュのような重大なトラブルからの復旧の場合、別のメディアに取ったバックアップのデーターが必要になってきます。


手間と時間を少なくするためにハードディスクにバックアップを取っている人もいると思いますが、その場合は別のハードディスクにバックアップを取る必要があります。


別のハードディスクというのは、1台のハードディスクを複数のパーティションに分けた別のパーティションという意味ではありません。


物理的に別のハードディスクである必要があります。内蔵のハードディスクでも増設した別のハードディスクならば構いません。最も安全なのはUSBなどで接続する外付けのハードディスクです。

マウスコンピューター/モニタセットモデル

2007年01月28日 00:03