ソフトウェアのトラブルに備える

デスクトップにファイルやフォルダーを置かない

【日本おめでとう!】インフォトップ6日連続1位更新中!397時間動画パソコン教室DVD4枚組iPod受講可ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007

ファイルやフォルダーの思わぬ消失を防ぐためにも、デスクトップにはファイルやフォルダーを置かないことをオススメします。


Windowsパソコンのデスクトップの正体は、

C:\Documents and Settings\(ログイン名)\デスクトップ

というフォルダーです。このフォルダーにファイルやフォルダーを置くとデスクトップに表示されます。


上記のように、デスクトップはCドライブという起動ドライブにありますから、Windowsに何らかのトラブルが起きてWindowsを再インストールした場合、デスクトップにあったファイルやフォルダーは消えて無くなります。


このようなトラブルを防ぐためにも、消えたら困る大切なデーターは、別ドライブに「マイドキュメント(My Documents)」を作って保存することをオススメします。

マウスコンピューター/モニタセットモデル

2007年01月28日 00:08