ソフトウェアのトラブルに備える

サービスパック適用済みのインストールディスクを作成する

【日本おめでとう!】インフォトップ6日連続1位更新中!397時間動画パソコン教室DVD4枚組iPod受講可ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007

SP2(サービスパック2)が適用されたWindowsXPを持っていない人は、WindowsXPを再インストールした後にSP2(サービスパック2)を適用しなければなりません。SP(サービスパック)は大規模なアップデートの場合が多いので、それなりの手間と時間がかかります。しかし、この手間と時間を事前に省いてしまう方法があるのです。


SP+メーカー」というソフトを使えば、SP2(サービスパック2)を適用したWindowsXPのインストールディスクを作成することが出来ます。


この「SP+メーカー」で作成したインストールディスクを使えば、SP2(サービスパック2)適用済みのWindowsXPがインストールされるので、WindowsXPの再インストールの手間と時間を大きく節約することが出来ます。


当然のことですが、SP2(サービスパック2)適用済みのWindowsXPを購入した人は、この作業は不要です。

マウスコンピューター/モニタセットモデル

2007年01月28日 00:36